なごみ大福のゆるっとブログ

ゆるっと楽しく前向きに生きるために、日々模索しています。

心療内科にも色々あるようです。

こんにちは!なごみ大福です。

 

f:id:nagomidaifuku:20171113191524j:plain

 

wearを始めたら楽しくって、

ここ数日は、持っている洋服を漁りまくり、

ああでもないこうでもないと、

夢中で一人ファッションショーを繰り広げていました。

良かったらwearも覗いてみてください、なかなか恥ずかしいですけど。

http://wear.jp/sp/kanakoku/

 

という訳で、ブログも、やっとこさ書きます。笑

 

心療内科の転院を決断

 

さあ本題に。

 

私は2年前に不安障害を発症してから、

ずっと同じ病院の心療内科に通っていたのですが、

この度、転院を決めました。

 

理由はいくつかあるのですが、

 

★空気感が重くて、その空気だけで緊張してしまう

★初期の頃の症状を思い出して、緊張と震えが出る

★上記二つによって、親同伴でないと通えない

★2年間同じ先生に診てもらって、診察の際に言われるであろうことが想定できるようになってしまい、行く意味を感じなくなってしまった

★その病院の臨床心理士さんにはあまり魅力を感じなかったので、他の場所でカウンセリングを受けてみたかった

 

というのが主な理由です。

お世話になっていた先生にはとてもとても感謝しているのですが、

また一歩進もう!と思い、決めました。

 

空気感が違う…ここは心療内科なのか…?

 

新しく通うことに決めた病院は、

待合室も診察室もとても明るい空気感で、

なんだか美容院とかエステサロンとか、そんな感じでした。

 

決して珍しいことではないのかもしれませんが、個人的には衝撃。

2年間、あの重々しい空気感の病院に、

重々しい気持ちでプレッシャーを感じながら通っていたのはなんだったのか…。

待合室に入った時点で、「ああ、転院したい…」と思いました。笑

 

いざ、診察室へ

 

受付を済ませて、初診アンケートを渡されたので、書きながら待機。

予約時間を過ぎること約20分、名前を呼ばれて診察室へ。

入室するなり、

「お待たせしてしまってごめんなさいね;;」

という言葉を頂き、これまた感動。

病院って予約していても、結構平気で1時間以上待たされるものだと思っていたので。。。

 

そして、今日はどうされましたか?と。

初診アンケートを先生にお渡しする。

実は診察時に先生にお見せしようと、

自分についてのレジュメも用意していったのですが、

それはなんとなく恥ずかしくなってお渡し出来ませんでした。

てかレジュメ用意するって、やっぱりクソ真面目かよ私。

 

その後30分に渡り、自分の悩みや思いの丈をツラツラとべそべそ泣きながら話続けました。

こういう奴がいるから、病院は予約時間通りにいかないのでしょう。すみません。

 

カウンセリングについて

 

初診アンケートと、問診を元に、

以前の先生の方針を引き継ぎつつ、

月に1度のペースで受診をしていくことになりました。

 

また、私自身、今回の一番の目的は、

「受診」よりも、「カウンセリング」。

私は今診断名がつくほどの症状でもないようですし、

正直自分でも、2年前の自分とはもう違うと思っています。

 

なので、投薬での治療メインではなく、

自分の思考の整理や、感情のコントロールをやっていきたいのです。

 

ということで、カウンセリングについてもご説明いただきました。

 

「カウンセリングは、長いスパンで見た方がやはり効果的です。

 今のあなたは、自分のことをしっかり見つめた上で話ができているし、

 カウンセリングを受けることは良いことだと思います。

 ただし、保険がきかないので、お金もそれなりにかかる。

  無理のない範囲で受け続けられるように、

 色んな場所を検討してみてください。」

 

ああ…優しい…

 

そして、心理学部のある大学で併設されている相談室は、

院生の方が対応してくださるので、(※調べてみたら大学によるようです)

その分費用が安く済む、ということも教えていただきました。

 

結局、病院併設のカウンセリングルームに決めました

 

その日はこれまで服用していた薬と同じものを出していただいて、診察おわり。

 

家に帰ってから、

色んなカウンセリングルームについて調べたり、

電話をかけてみたり、散々検討したのですが、

結局、通うことにした心療内科併設のカウンセリングルームに決めました。

 

病院とカウンセリングルームが連携も取ってくれるようなので、

そういった面もプラスかなと。

 

先生にご紹介いただいた大学の心理相談室も調べましたが、

年齢が近すぎる院生の方に診ていただくことに対する抵抗感と、

万が一大学内で知り合いとか昔のバイト先の生徒とかに会ったら嫌だなと思い、やめました。

その辺はまだまだ不安感と羞恥心が強いみたいです。

 

カウンセリング体験記、随時更新します

 

ということで、

先日早速第一回のカウンセリングに行ってきました。

これについては、また別の記事で更新していきます!

 

それではまた!