ぼんちゃん日記

「生きる」に向き合いながら生きていくために、日々綴ります。

カウンセリングレビュー vol.1

こんにちは、なごみ大福です!

 

今回は、初回カウンセリングのレビューを書いていきます。

 

カウンセリング、受けます。

 

f:id:nagomidaifuku:20171121003045j:image

 

以前のブログ記事の振り返りを少し。

 

心療内科の転院を決めた私は、同時にカウンセリングも始めることに決めました。

とてもポジティブに、自分自身もっと素敵になりたい!という思いで決意したことです。

場所の候補はいくつかありましたが、最終的に転院した心療内科の併設カウンセリングルームに通うことにしました。

初回の診察の翌々日に、初カウンセリングに行くことに。

 

怒涛の50分間

 

カウンセリングは、1回50分。

テーブルにデジタル時計も置いてあって、こちらも時間を意識しながら話をすることができました。

 

まずは、カウンセリングについての説明。

 形式的な決まりについての話を聞きました。

効果を保証するものではない、とかなんとか。

 

そこから先は、ただひたすらに、私の話を聞いてもらう時間!

臨床心理士の先生は、基本的に相槌を打つだけで、ひたすら聞いてくれました。

所謂「傾聴」というやつでしょうか。

 

事前メモが活躍

 

とはいえ、最初、今悩んでいることは?と聞かれた時は、なんて言えばいいのか分からず、言葉に詰まりました。

 

少し考えて、事前準備で話したいことをまとめてきていたことを思い出し、ノートを取り出しました。

 

メモはこんな感じのが数ページ。

 

f:id:nagomidaifuku:20171121003255j:image

 

これを見て話をするうちに、話したいことが止まらなくなり、ほとんど先生に質問をさせる余地もなく、喋り続けました。

 

自分の本心に辿り着きたい

 

最後の方に聞かれたことは、カウンセリングを通してどうなりたいか、ということ。

 

私は、2年前に不安障害を発症してから、いかに自分が人の目を気にしすぎて生きてきたのかに、気付かされました。でも、気付いたけれど、根本的にはなかなか変わっていない自分がいます。

 

もちろん、今の自分はそのままで良いし、認めてあげたいとも思っています。

だけど私はきっともっと良い自分にも、出会えるはず。

そう思っています。

 

そして、何より、自分の本心を突き詰めたいと思っています。

ゆるく生きることも目標としているので、その目標とは少しズレているかもしれません。

ですが、人の目を気にして生きるばかりで、人の意見を気にして行動するばかりで、いつの間にか、自分の本当の意志がどこにあるのか、どれなのか、分からなくなってしまいました。

その本心を、自分としっかり向き合って、探していきたいと思っています。

 

カウンセリングを通して

 

先生にも、上記のような、目指す姿をお伝えしました。

すると、こんなことを言われました。

 

「カウンセリングは、自分自身に深く向き合う時間なので、余計辛く感じる瞬間もあるかもしれません。」

 

それは当たり前のことなのかもしれませんが、少し覚悟をしなきゃなと思いました。

 

今まで逃げてきた自分の側面に向き合わなければならないかもしれない。それでも、私はもっと自分を知りたい。そう決めました。

 

日常では「逃げる」

 

それと同時に、こんなことを決めました。

 

カウンセリングの時間以外、普段の生活の中では、あれこれ深く考えるのをやめよう。

 

私は元々、考えすぎる人間です。

考えようとしなくても何かを考えてしまうので、むしろ「考えない」と決めました。なかなか上手くはいきませんが…。笑

 

とにかく、日常では、楽しく!笑って過ごす!

カウンセリングの時間は、きっちり向き合う!

そのメリハリをつけて生活してみようと思います。

 

第一回カウンセリング感想

 

初めてカウンセリングを受けた感想。

声を大きくして言いたい。

 

もっと早く受ければ良かった!!!

 

 

 

みんなもっと気軽に受ければ良いのに、とも思いました。

カウンセリングってなんとなくハードル高いですよね。

ちょっと悩んだ時に専門家に相談するのって、他の領域では結構普通なことのはずなのに。

 

風邪引いちゃったから病院に行こう〜。

髪伸びちゃったから美容院に行こう〜。

 

そんな気軽な感覚で、カウンセリングが使えるようになればいいな〜って、感じました。

こういう発信が、そんなことに繋がったら最高です。

 

それでは、次のカウンセリングレビューもお楽しみに〜!